LCCを利用する際に知っておくべき点

飛んでいく飛行機

LCCを利用する際に知っておくべき点

旅行に掛かる費用をなるべく抑えたいと思ったときは、交通費を節約する人が多いようです。
ホテルや旅館などは旅行の楽しみに大きな影響を与えますし食事が旅行のメインという人も少なくありませんから、それらを削っては本末転倒になりかねませんからね。
だから、飛行機旅行の際には飛行機代を安くあげたいと考える人がたくさんいます。

LCCが人気

飛行機に安く乗るには格安航空券を手に入れるという方法もありますが、近年安価に飛行機に乗れる手段として人気が高いのがLCCの利用です。
LCCとは格安航空会社のことで会社や便、発着する空港の数も増加しており、どんどん便利に利用できるようになっています。
LCCの最大の魅力は何といっても運賃の安さでしょう。
ANAやJALといった大手航空会社と比較して通常運賃は半額以下は当たり前、時期や路線によっては格安航空券やそれ以下で航空券を購入できることもあります。
ただしそんな格安な金額で飛行機に乗れるのにはいろいろな理由があるので、それらをしっかり認識しておかなければいろいろトラブルになったり困ることもあるでしょう。

LCCの不満点


LCCを実際に利用した人からしばしば耳にする不満やデメリットがいくつかあるので、ここで紹介しておきましょう。
まず、座席が狭いという点です。
横幅は大手航空会社のものとあまり変わらないのですが、座席数を増やしているので前の座席との間隔が狭く一般的な成人男性なら前の座席に膝が触れることもあるかもしれません。
ただ国内線ならフライト時間が長くないので、さほど苦にならないかと思います。

次に、機内でのドリンクや食事などは有料です。
これらを楽しみに飛行機に乗る人も少なくないようですが、事前にお金を払って予約しておかなければならなかったり機内販売を利用するかたちになっています。
また映画やゲームなどのエンターテイメントもありません。

さらに、いろいろな点においてがオプション扱いで有料になります。
便や搭乗者の変更、そして座席指定は有料ですし、機内預け荷物も基本的に有料です。
機内持ち込み荷物には費用は掛かりませんが、サイズ規制がかなり厳しく1?でもオーバーすると預け荷物扱いになるので注意が必要です。
航空券の予約および購入は原則インターネットからで、電話や空港カウンターで行なうと手数料が掛かってしまいます。
遅延や欠航も少なくありませんしその際の他社便への振り替えもなく、その日にフライトができなくなった場合でも移動の交通手段や宿泊の手配は自分自身で行なわなければなりません。

その他にも大手航空会社と比較するといろいろと異なる点や不便な点も少なくありませんが、格安でフライト提供しているので仕方ないともいえるでしょう。

  « 前の記事: を読む  
▲PAGE TOP

Copyright(C)2017お得に飛行機に乗るなら!格安航空券の早期購入割引All Rights Reserved.