LCCの運賃が格安なのはどうして?

飛んでいく飛行機

LCCの運賃が格安なのはどうして?

飛行機に安く乗りたいからと、格安航空券を求めている人もたくさんいます。
街のチケットショップでは多くの格安航空券が販売されていますし、JALやANAといった大手航空会社でも「早期購入割引」などを利用すればかなりお得に航空券を手に知れることができます。

LCCは格安運賃がウリ

近年の格安に飛行機に乗る方法として多くの人に支持されているのが、LCCを利用することです。
LCCとは「Low Cost Carrier」の略で格安航空会社を意味し、国内ではピーチアビエーション、ジェトスター、エアアジアなどがよく知られています。
LCCが多くの人に支持されている最大のポイントは、何といってもその金額でしょう。
大手航空会社の運賃と比較して半額は当たり前で、しばしば行うセールやバーゲンの際にはさらに格安航空券が販売されます。

LCCの運賃が安い理由

では、どうしてLCCではそんなに安い運賃でフライトを提供できるのでしょうか。
その理由のまずひとつ目が、人件費の節減があります。
LCCではパイロットが搭乗業務を行なったりキャビンアテンダントが機内を清掃したりするのですが、大手航空会社でこんなことはあり得ません。
航空券の予約・販売も基本的にはインターネットを介するようにして、人手がなるべく掛からないようにしています。

次に、機内サービスを徹底的に簡素化しています。
機内でのドリンクや食べ物のサービスはすべて有料です。
また映画やビデオなどのエンターテイメントもありません。

そして、使用する航空機材を統一している点です。
ピーチとジェットスター、バニラエア、そして春秋航空のLCC各社の機体は全て同じです。
こうすれば同じ機材や部品を大量に購入できるのでコストを削減できるからです。
さらに、航空機の座席数を大手航空会社よりも増やしています。

同じ機種でも1割ほど多いので、その分たくさんの乗客を乗せることができるのでその分利益を増やせます。
その他にも、空港使用料を下げるためにボーディングブリッジを使いません。

通常は空港と飛行機間の移動は搭乗橋(ボーディングブリッジ)を使用しますが、これにはかなりの費用が掛かります。
したがって、空港から飛行機まではバスや徒歩で移動して、タラップで乗り降りすることでコストの削減となるのです。

「LCCが安いのは安全面に問題があるからじゃないのか」と思っている人もいるようですがそんなことは決してなく、こういった企業努力の賜物が格安運賃を生み出しているのです。

  « 前の記事: を読む  
▲PAGE TOP

Copyright(C)2017お得に飛行機に乗るなら!格安航空券の早期購入割引All Rights Reserved.