早期購入割引なら繁忙期でもお得

飛んでいく飛行機

早期購入割引なら繁忙期でもお得

旅行の際には出費をなるべく抑えたいと誰もが考えるかと思います。
しかし、旅行に出掛けるのは多くの人が年末年始やゴールデンウイーク、お盆など他の人の休む時期と重なってホテルや旅館など休日や休日前などの割り増し料金を請求されることも少なくないのでないでしょうか。

繁忙期の飛行機代は高い

日程が変えられないなら割増料金になってしまうのは仕方ありません。
それなら交通費で節約することができればいいのですが、これもまた繁忙期は通常とは異なる料金設定で高めの運賃になっているのが実情です。
国内の航空券でも2倍ほどになるケースも見られます。

安く飛行機に乗る方法としてLCCを利用するというものがありますが、残念ながらLCCもやはり繁忙期はかきいれどきですから、高めの運賃設定となっています。
ではこういった時期に安く飛行機に乗る方法はないのかというとまったくないわけでもないので、ここで紹介したいと思います。

早期割引購入でお得に

航空券のシルエット
その方法とは、格安航空券を手に入れることです。
格安航空券といっても、ANAやJALが提供している「早期購入割引」を利用して航空チケットを購入することです。
早期購入割引というのはいわゆる「早割」というもので、ANAなら「旅割」、JALでは「特割」といった名称の航空チケットで、搭乗日より早めに予約・購入することで大幅な割引が受けられるというものです。
ANAの「旅割」を例に挙げて話をすると、旅割には75、60、45、28、21の5種類があり、それぞれの数字が購入期限日となっています。
たとえば「旅割75」ならば搭乗日の75日前までの予約・購入をすれば適用されるというわけで、これらの旅割の中で最も割引率が大きいものです。
ですからこの「旅割75」を手に入れるのが最も安くなるわけですが、繁忙期の旅割チケットの入手は非常に競争率が高いのです。

したがって、これらのチケットを確実に手に入れるには航空券販売開始の時点を狙うといいでしょう。
飛行機の運航スケジュールは夏と冬のぞれぞれのダイヤによって発表されますが、夏ダイヤに相当するゴールデンウイークのチケット販売は1月、年末年始なら冬ダイヤなので8月に販売開始がされるケースが多いようです。
もしゴールデンウイークのチケットを入手したいのであれば販売が開始される1月に予約するとチケットが購入しやすいといえるでしょう。

ただし早期購入割引のチケットは購入後の変更ができませんし、キャンセルには割高なキャンセル料が掛かるという点を十分認識しておく必要があるでしょう。

Similar Posts:

    None Found

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »
▲PAGE TOP

Copyright(C)2017お得に飛行機に乗るなら!格安航空券の早期購入割引All Rights Reserved.