ANAの格安航空券を手に入れよう

飛んでいく飛行機

ANAの格安航空券を手に入れよう

旅行に掛かる経費で最も節約したいのは交通費という人も多いのではないでしょうか。
特に移動に飛行機を使うとなるとかなりの出費になるので、格安航空券を手に入れたりLCCを利用するという人もたくさんいますよね。

LCCには不満を持つ人もいる

確かにLCCの運賃は安いのですが、いろいろと不満に感じる人も少なくありません。
予約はインターネットからで電話予約にはお金が掛かる、座席予約も有料なんてちょっと考えられないという人もいるでしょう。
さらに飛行機に乗る際、機内預け荷物にもお金が掛かったり、ドリンクや食事なども有料、さらに座席間隔も狭いのでゆったりと過ごすことができないという声もよく耳にします。
そもそもLCCが発着する空港は限られていますし、搭乗も一般の航空会社の搭乗口とは別の離れた場所という場合もあります。
そんなことから、一度LCCを利用したけれどももう二度と利用しないという人も少なくないといいます。

ANAをお得に利用する

とはいえ、大手航空会社の航空チケットは高くつくから…と思っている人に朗報です。
大手航空会社でもさまざまな格安航空券を発行しているので、それらを利用すればLCC並とはいかずともかなり格安な料金で航空チケットが購入できるのです。
ここでは、ANAの格安航空券について紹介しておきましょう。

ANAといえば多くの人が知っているJALと並ぶ日本最大手の航空会社です。
したがってサービスや施設は充実しているのですが、運賃は高いというイメージを持っている人も少なくないはずかと思います。
ところが、早期購入割引を利用すれば最大で普通運賃の80パーセント前後の割引になるというのです。
こういった早期購入割引システムはJALでも導入しており、ANAは「旅割」、JALでは「特割」という名称で販売しています。
早期購入割引で航空券を購入すれば、大幅な割引金額で普通に航空券を買ったときと同じサービスを提供してもらえる点がメリットです。
LCCとは違い、電話で予約ができたり座席指定もOK、機内預け荷物も指定重量以内なら無料ですし、機内でのドリンクや食事も無料です。
日本各地の空港に発着していますから、最寄りの空港へ出向けばいいだけです。

早期購入割引のデメリット

ただし予約便の変更は原則不可で、購入後に変更が必要な場合にはキャンセルして新たに買い直さなければなりませんが、この際のキャンセル料がかなり割高になっています。
また、予約から購入までは3日以内にしなければなりません。
他にも、早期購入割引に用意される座席数は限られているので、人気の高い路線や年末年始、ゴールデンウイーク、夏休みyやお盆といった時期にはすぐに売り切れてしまう恐れがあります。

Similar Posts:

    None Found

▲PAGE TOP

Copyright(C)2017お得に飛行機に乗るなら!格安航空券の早期購入割引All Rights Reserved.