お得に飛行機に乗るなら!格安航空券の早期購入割引

飛んでいく飛行機

早期購入割引でお得に飛行機に乗る

昔は飛行機で旅行というと「贅沢」や「お金持ち」といわれたくらい飛行機運賃は高いものでした。
今では時期や購入方法などによっては新幹線とさほど変わらない金額で入手できるようになりましたが、それでもまだまだ「高い」と思っている人も少なくないかと思います。

早期購入割引を利用しよう


ここでは、お得でお安く飛行機に乗ることのできる方法を紹介しましょう。
まず安く飛行機に乗るといえばすぐに頭に浮かぶのは「格安航空券」という人もたくさんいるでしょう。
ただ格安航空券といってもさまざまな種類があり、中には使用方法や購入・予約方法に違いがあったり、利用に制限があるものもあるので注意が必要です。
こういった細かい違いや使用制限等は最初はどうしても難しく感じるかもしれません、しかし慣れてしまうと楽な物で、手続きが10分足らずで済んでしまう事も有ります。
何より、最近だと格安航空券センターの様な様々な購入窓口が増えており、こういったサイトは購入方法から細かい内容まで確認できるので利用が初めての方でも安心してご利用いただけます。

そんな中で最もおすすめなのが、JALやANAといった大手航空会社の「早期購入割引」を利用することです。
これは搭乗日からできるだけ早めに予約・購入をすることで大幅な割引が受けられるというシステムで、JALでは「先得」、JALなら「旅割」といった名称で呼ばれています。
路線や時期にもよりますが、中には最大で80パーセントほどの割引になるケースもあり、多くが50パーセント以上の割引価格で飛行機に乗ることができます。
早期購入割引にはいくつか種類がありそれぞれ購入できる時期は決まっていて、たとえばANAなら搭乗日から75日前が購入期限の「旅割75」、60日前の「旅割60」といった具合で、あと「45」と「28」「21」があります。
この数字の大きいほうが安く航空券を購入できることとなり、上手く利用できれば半額やそれ以下で飛行機を活用できるのです。

早期購入割引のメリット・デメリット

早期購入割引でチケットを購入するメリットはチケットを安く購入できるだけでなく、正規の運賃を払ったのと同じサービス、待遇を受けることができる点も挙げられます。
確かに運賃だけを見れば格安航空会社、つまりLCCを利用したほうが安くなるかもしれません。
しかし、LCCの座席幅は狭く、機内でのサービスは最低限でドリンクや食事は有料です。
また機内預け荷物にもお金が掛かりますし、搭乗も大手航空会社とは別の場所からという場合も少なくありません。
全てのLCCが全ての空港から発着しているわけでもありません。
LCCを利用した人の中には、もう二度とLCCは使いたくないと思う人もいるといいます。
JALやANAの早期購入割引でチケットを購入すれば、支払い金額は少なくて済み、その他のサービスは普通に受けることができるのです。

ただしデメリットもあります。
たとえば予約の取り消しにはかなり割高なキャンセル料が掛かりますし、予約の変更は基本的に不可です。
さらに早期購入割引の設定してある座席数が限られているので、人気の路線や利用者の多い時期などはすぐに売り切れてしまう点も挙げられます。
このような点をしっかり認識していれば、早期購入割引は最もお得に飛行機に乗る手段といえるでしょう。

更新情報

▲PAGE TOP

Copyright(C)2017お得に飛行機に乗るなら!格安航空券の早期購入割引All Rights Reserved.